HTMLの基本データ形式


目次


#PCDATA

#PCDATAとはParsed Character Dataの略でSGML的に解釈される任意の長さのテキストという意味になります。つまりタグはタグとして、実体参照は実体参照として解釈されます。要素の中身はこの#PCDATAという事になります。#PCDATAが求められるところでタグ開始文字などのSGML的に意味のある文字を使う場合は文字参照を利用することになります。


▲目次 / ■総目次

CDATA

CDATAとはCharacter Dataの略で、文字データという意味です。#PCDATAとの違いは、SGML的解釈をされないので、<などもそのまま使うことができます。ただし、終了タグ開始区切り文字(</)が現れた時点でCDATAは終了と解釈されます。

文字参照も展開されません(&amp;と書くと、そのまま&amp;と解釈されます)ただし、属性値として利用する場合は文字参照は解釈されます。

また、STYLE要素とSCRIPT要素の中身はCDATAですが、この場合は文字参照は解釈されません。


▲目次 / ■総目次

Name、ID

nameとidはアルファベット(a-z、A-Z)で始まり、任意のアルファベット、数字(0-9)、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、コロン(:)、ピリオド(.)のみによって記述する必要があります。大文字、小文字を区別します。


▲目次 / ■総目次

IDRef、IDRefs

IDとIDREFは他の要素のIDを参照するものです。IDREFは一つだけ、IDREFSは複数のIDを空白文字区切りで列挙することができます。大文字、小文字を区別します。


▲目次 / ■総目次

Number

Numbreは数字です。最低一桁の数字(0-9)が必要です。


▲目次 / ■総目次

Text

Textは普通に読んで分かる文字列という意味です。基本はCDATA型です。


▲目次 / ■総目次

URI / 固有の資源識別子(Uniform Resource Identifiers)

URIはURLも含みます。URIは大文字、小文字を区別します。

URI中には非ASCII文字を含むことはできません。

アンカー要素内などのCDATA形式中に&を使う場合は、文字参照(&amp;か&#38;)を利用する必要があります。


▲目次 / ■総目次

Color

ColorはRGPを十六進数で指定する形式(#記号と六桁の十六進数。#RRGGBB)か定義されている十六個の色名で指定する形式があります。色名は、大文字、小文字を区別しません。

色の名前十六進数実際の色
Black#000000色のサンプル(黒)
Silver#C0C0C0色のサンプル(銀)
Gray#808080色のサンプル(灰)
White#FFFFFF色のサンプル(白)
Maroon#800000色のサンプル(茶)
Red#FF0000色のサンプル(赤)
Purple#800080色のサンプル(紫)
Fuchsia#FF00FF色のサンプル(桃)
Green#008000色のサンプル(緑)
Lime#00FF00色のサンプル(黄緑)
Olive#808000色のサンプル(黄土)
Yellow#FFFF00色のサンプル(黄)
Navy#000080色のサンプル(紺)
Blue#FF0000色のサンプル(青)
Teal#008080色のサンプル(深緑)
Aqua#00FFFF色のサンプル(水)

▲目次 / ■総目次

Pixel

スクリーンなどに表示する際の大きさを、整数値のピクセル数(ドット数)で指定します。

「50」という値は50ドットを意味します。


▲目次 / ■総目次

Length

スクリーンなどに表示する大きさを、ピクセル数か割合(パーセント)で指定します。

「50%」という大きさは、可能な最大表示サイズの50%という意味になります。


▲目次 / ■総目次

Multi-Length

スクリーンなどに表示する大きさを、ピクセル数か割合(パーセント)か相対的な比率で指定します。

相対指定の形式は「i*」という風に整数「i」の右にアスタリスク「*」を書きます。例えば「2*」と「3*」ならば、全体サイズに対して2:3に割り振られるという事になります。また、他のサイズ指定(ピクセル、割合)が同時にしていされている場合は、そちらの配分が終わった時点で相対比率が計算されます。


▲目次 / ■総目次

Content-Type

Content-TypeにはMIMEタイプを指定します。主に使用するMIMEタイプは「text/html」「text/css」「text/javascript」「image/png」「image/gif」「image/jpeg」などでしょう。大文字、小文字の区別はしません。


▲目次 / ■総目次

Language-Code

言語コードを指定します。言語コードには一次コードと副次コードの組合わせで指定します。副次コードは省略できます。大文字、小文字の区別はありません。

一次コードは二文字で表され、「fr (フランス語)」「de (ドイツ語)」「it (イタリア語)」「nl (オランダ語)」「el (ギリシア語)」「es (スペイン語)」「pt (ポルトガル語)」「ar (アラビア語)」「he (ヘブライ語)」「ru(ロシア語)」「zh (中国語)」「ja (日本語)」「hi (ヒンドゥー語)」「ur (ウルドゥー語)」そして「sa (サンスクリット語)」があります。


▲目次 / ■総目次

Charset

符号化方法を指定します。符号化方法はIANAに登録されたものでなければなりません。日本語の場合は「SHIFT-JIS」「ISO-2022-JP」「EUC-JP」が利用されるでしょう(WindowやMacintoshの標準は「x-jis」ではなくて「SHIFT-JIS」です)。


▲目次 / ■総目次

Charcter

ただの一文字を表します。文字参照で記述することも可能です。


▲目次 / ■総目次

DateTime

日付と時間を表します。表示形式は「YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD」で表します。

YYYY
四桁の数値で、西暦年を表します(1999など)。
MM
二桁の数値で、月を表します。(01から12まで)
DD
二桁の数値で、日を表します(01から31まで)。
hh
二桁の数値で、二十四時制の時を表します(00から23まで。午前、午後の区別は許容されません)
mm
二桁の数値で、分を表します(00から59まで)。
ss
二桁の数値で、秒を表します(00から59まで)。
TZD
タイムゾーンを表します。タイムゾーンの表し方は以下の通り。
Z
UTC(Coordinated Universal Time : 協定標準時)を表します。Zは大文字である必要があります。
+hh:mm
UTCよりhh時mm分進んだ現地時間を表します。
-hh:mm
UTCよりhh時mm分遅れた現地時間を表します。

▲目次 / ■総目次

Link-Type

HTML 4.0の仕様書には以下のリンクタイプが許可されています。新たなリンクタイプを利用したい場合はリンクタイプの定義を示すprofileを用意する必要があります。

空白文字区切りで並記することができます。逆に個々のリンクタイプ名に空白文字を含めることはできません。また、大文字、小文字の区別はしません。

alternate
代替文書へのリンクを示します。lang属性と併用した場合は、翻訳版の所在を示します。media属性との併用は、別メディア出力用に設計した版を示します。
stylesheet
外部スタイルシートを参照します。リンク形式alternateとの併用で、ユーザがスタイルシートの選択を行えるようになります。
start
長い文書が分割されている場合に、第一部を指し示します。
next
続き物としてページ分割されている文書の、次のページを指し示します。
prev
続き物の前のページを指し示します。
contents
その文書の目次ページを参照します。
index
その文書への索引ページを参照します。
glossary
その文書への述語集ページを参照します。
copyrigth
その文書の著作権に関して記述したページを参照します。
chapter
多ページ化文書中の章部分を参照します。
section
多ページ化文書中の節部分を参照します。
subsection
多ページ化文書中の小節部分を参照します。
appendix
多ページ化文書中の附記ページを参照します。
help
ヘルプのページ(詳説のページや、参照先のリンク一覧など)を参照します。
bookmark
ブックマークを参照します。外部文書へのリンク一覧です。ブックマークのラベルとしてtitle属性が利用されるでしょう。

▲目次 / ■総目次

Media-Descriptor

出力メディアを表します。

screen
ページ型でないコンピュータ画面への出力を表します。
tty
固定文字幅での出力を表します。(テレタイプ、端末機器、表示能力に制限のある携帯機器など)
tv
テレビ型の出力を表します。(低解像度、カラー、スクロール能力に限界ありなど)
projection
プロジェクターでの出力を表します。
handheld
モバイル機器での出力を表します。(小画面、モノクロ、ビットマップ画像、解像度に制限ありなど)
print
ページ型の、不透明な素材で行われる、印刷状態のプレビュー画面出力を表します。
braille
点字出力を表します。
aural
音声合成出力を表します。
all
すべての出力に適合します。

▲目次 / ■総目次

Script

スクリプトデータを表します。文字種制限は各スクリプト言語の定義に依存します。SCRIPT要素の中身としては文字参照を使うことができませんが、event属性の値としては文字参照も使えます。


▲目次 / ■総目次

StyleSheet

スタイルシートのデータを表します。文字種制限は各スタイルシート言語の定義に依存します。STYLE要素の中身としては文字参照を使うことができませんが、style属性の値としては文字参照も使えます。


▲目次 / ■総目次

Frame-Target

目標フレーム名を表します。基本はCDATA型なのですが、アルファベットの大文字、または小文字で始まる名前である必要があります。

また、特別な意味を持つ予約済目標名として、以下のものがあります。

_blank
新しくウィンドウを開きます。
_self
元文書を表示していたフレームと同じフレームに次の文書を表示します。
_parent
元文書を表示していたFRAMESETの親フレームに次の文書を表示します。親フレームが無い場合は、_selfと同じ指定になります。
_top
元文書を表示していたフレーム枠をすべて解消し、表示枠全体に次の文書を表示します。元文書に親フレームがない場合は、_selfと同じ指定になります。