塩原八幡宮 逆杉 観光名所

塩原八幡宮は『さかさ杉(夫婦杉)』や『一夜竹』の伝説から縁結び、夫婦円満、長寿、勝利、家内安全、厄除け開運の神様として有名です。
また境内にはさかさ杉を育てた長寿の水として有名な塩原八幡宮の湧水が滝となって流れ出ています。
雄杉(西側)の幹周11.5メートル、雌杉8メートル樹高40メートル樹勢旺盛な杉の巨木代表として昭和12年4月17日、国(文部省)より天然記念物に指定される。
以降、塩原の多くの観光名所の中でももっとも有名な場所として連日多くの観光客で賑わっている。

郵便番号 329-2924
住所 栃木県那須郡塩原町中塩原11
電話番号 0287-32-3912
FAX番号 0287-32-2477
URL
Eメール

約1500年以前より勇水等の恵まれた環境の中で今日よりなお樹勢盛んな杜の巨大杉。
当境内に多くの根株のみを溜めている当初よりの杉の中で逆さ杉二本は御神前の東西に並ぶ、連理の御神木として古くより夫婦杉と称せられ相生の杉の御神徳高い杉として敬われている。
梢に近く高い幹に垂れた太い枝が多いところから逆杉と呼ばれるようになる。
伝説によれば平安時代の康平年間、八幡太郎義家公が東征の途中、当初に於て逆杉に神気を霊感され、源家縁りの当八幡宮に戦勝を祈願されたといわれる。

〜さかさ杉 1500年の歴史〜

平安時代  源義家がこの杉に勝利を祈願し、八幡宮を建立。
室町時代 八幡宮を再建。
昭和18年  国の天然記念物に指定される。
平成元年 国の樹勢回復工事を受ける。
2年 全国名木100選に指定される。

尚、樹勢快復時に切断した雌杉頭頂部や枝の一部を展示室(社務所内)に保管してあります。どうぞご覧ください。

〜塩原八幡宮の由来〜
第15代応神天皇(誉田別尊)が御祭神である八幡宮は、古くは貴族、その後代々の源氏が最も崇敬していた神社です。
ここ塩原八幡宮には源義家(八幡太郎義家)の伝説があります。
源義家が東征の折塩原地内の2本の大杉に神気を感じたため勝利を祈願し勝利の御礼として神社を創建したとの伝説があります。(さかさ杉)
また境内に一夜にして天竹が生え、この矢により勝利したその伝説もあります。(一夜竹)
このように塩原八幡宮は平安時代に創建されて室町時代に再建され現在に至っていると伝えられています。


NASより
nao

私が小学生のときに一度遠足で、来たことがある所の一つです。
小さな時に見たこともあってか、とても大きく見えた杉もなんだか少し小さくなってしまったような感じがしました。
でも、あの神秘さは何も変わっていませんでした。
大きな2本の杉と、その奥には、少し薄暗い神社、池には鯉が泳いでいて・・・
小さなころにはなかなか伝わってこなかった『逆杉』の美しさが少し年をとってから分かってきた気がしました。
是非一度お立ち寄りください、あなたの心に残る観光名所の一つになること間違いありません。


このページは那須インターネットサービスが取材・製作・運用しております